水明会日誌 

水明会の日常を日誌で皆様にお届けするコーナーです
第8話令和2年2月13日「認知症研修会」 


近藤医院 院長 近藤哲司先生による認知症研修会を開催しました。参加者は 主に新人職員です。認知症について丁寧な説明で参加者も「わかりやすかった」 という声もあり認知症について学ぶことが出来ました。


第7話令和2年2月8日
「2月8日今年は雪が降りませんね~」 

毎年雪が積もる三次も今年は雪がチラチラ降っただけです。下の写真は水明園北側にある道路です。 何時もなら陰に雪が残る場所ですが雪がありません。又そこから見た山の風景です

第6話令和2年1月8日
「出雲大社分院へ初詣」 デイサービスセンター水明園

1月4日~10日までデイサービスでは出雲大社分院へ初詣に出かけています。 皆さん色んな思いを祈願されていた様子でした。最後におみくじを引き「大吉でも 大凶でも長生きしたから大吉じゃ」と言われる方、おみくじを引いても「わしゃ全然しんじんのんじゃ」 と言われる方も( ^ω^)・・・今年も良い年でありますように。

第5話令和2年1月8日
「新年祈願祭」 水明園・みよしの
  
水明園新年祈願祭                 水明園厨房内にて


みよしの新年祈願祭

熊野神社の小原先生をお招きして、水明園と、みよしのにて新年祈願祭を開催いたしました。 今年は雪もなく、気温も高く…不思議な年明けでした。そして今日は春のような風が吹き、と ても不思議な一日でした。どうか入所者、利用者の方々が、良い年でありますよう心からお祈りします。


第4話令和2年1月3日
「福笑い と すごろく大会」特別養護老人ホーム水明園

福笑いと、すごろく大会を行いました。福笑いでは座ったまま顔の輪郭に目玉や、 口を投げて顔にしていきます。なかなか難しい福笑いとなりましたが、とっても楽し い時間を過ごしました。

第3話令和2年1月2日
「カルタ大会と書初め」養護老人ホーム水明園

新春恒例!カルタ大会と書初めを行いました。 書初めを楽しまれたお二人は見事に富士山を書かれご満足の様子。  カルタ大会では最初は皆さん椅子に掛けたままのカルタ大会でしたが 白熱すると椅子から立ち上がり戦いが始まりました。




第2話令和2年1月1日
「獅子舞」特別養護老人ホームみよしの

みよしの獅子舞が施設内を周りました。皆さんびっくりされていましたが、とっても喜んでおられました。 獅子舞かどうかは別として( ^ω^)・・・(大笑) 獅子舞が「今年も元気で過ごしましょうね」と一言添えて、皆さんの頭にかぶりつきました。


第1話令和2年1月1日
「新年明けましておめでとうございます」


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 皆様にとって良いお年でありますよう心からお祈り申し上げます。 三次市の今朝は曇り、気温は0度でした。時々朝日が雲から顔を出してくれます。 冬ですが雪も降らず、まだまだ温かい11月下旬のような感じがします。

第32話令和元年12月28日
「熊巳家お墓掃除」

熊巳家のお墓掃除をしました。外は寒くお墓も冷たく感じますが、掃除をして お花を供えると、お墓の周りの寒さが無くなり明るく暖かくなった気持ちになりました。 今年1年水明園が大きな事故もなく無事に終え、新たな年が迎えられることを 熊巳家ご先祖様にご報告しました。
第31話令和元年12月18日
「門松が完成しました」

水明園では毎年門松を作りお正月を待ちます。各部署では大掃除をしています。 アッと言う間に過ぎる12月が師走と言われるのも本当に良くわかります。
第30話令和元年12月18日
「東光保育所にサンタさんがやってきた」


                          園児さんからのプレゼント

毎年東光保育所の子供たちが訪問してくれます。今年は感染対策のため 訪問が出来なくなりました。そこで水明園サンタさんが訪問することになりました。 子どもたちはみんな大喜びで出迎えてくれました。一緒に遊んだり、お話をしたり 少々汗だくになりながら、サンタさんも元気をもらいプレゼントまでもらい帰りました。

第29話令和元年12月15日


「みよしふれあいいきいきフェスタ」
12月8日(日)みよしいきいきふれあいフェスタが開催されました。 水明会も「きつねうどん」で出店しました。 冬の防寒対策にも関わらず足元が凍りつく寒さでしたが うどんが次々と売れていく中で身体が温もり、あっという間に売り切れて しまいました。うどんが食べれなかった方々本当にすみませんでした。 いきいきフェスタも大勢の方が来園され大盛況でした。

第28話令和元年12月4日
八次小学校2年生の生徒さんから福祉の授業のお礼に皆の似顔絵をいただきました。思わぬプレゼントに感謝感激です。 少し早いクリスマスプレゼントを頂いた気持ちになりました。 水明園の玄関に飾らしていただきます。ありがとうございました。



第27話令和元年11月28日
職員研修会「人権学習会」


人権擁護委員の方をお招きしてハラスメント研修を行いました。 ハラスメントについて再確認や内容等講義をしていただき、グループワーク にて、どのようなハラスメントがあるか等話し合いながらグループ で発表をしました。とても勉強になりました。 講師の皆様遅くまでありがとうございました。

第26話令和元年11月26日
「八次小学校へ福祉の授業で訪問しました」
毎年八次小学校2年生の生徒さんが水明園で福祉の勉強をされます。 今年は施設の感染対策により八次小学校へ訪問させていただきました。 水明園職員からは福祉の仕事の話、介護機器の説明等講話をしました。 生徒さんからは仕事や、お年寄りについて質問がありました。 福祉に少しでも興味を持ってくれたらいいですね。


第25話令和元年11月17日
 「水明園・みよしの家族会総会」
家族会総会がありました。会計報告や役員の選任等総会を行いその後は パネルディスカッションでテーマ「私たちの未来を考える」、進行は家族会会長  新宅冨士夫様にお願いし、「認知症にならないためには」、「元気で長生きをす るために何をされているか」等、ご家族や、当会職員にインタビュー方式で話を進められました。 とても楽しい話を聞くことが出来ました。最後に「おでんパーティー」を屋上でしました。外に出ると、 三次ならではの霧がでていましたが、食べるころには小春日和になり美味しいおでんに 自然と会話が弾みました。




第24話令和元年11月17日 「麻原常会清掃活動」
地域の皆さんと一緒に朝早く清掃活動を行いました。当会からは理事長を始め3名で参加しました。 個人的にゴミは少ないと思っていましたが、空き缶を4,5本拾っておられる方もおられました、特に目立つのは タバコの吸い殻です。「ゴミのポイ捨てはやめましょう」




第23話令和元年11月1日
 
「水明園開園記念祭」


第69回水明会開園記念祭が熊野神社、小原宮司のもと執り行われました。 神事にお供えするお米や鯛や、野菜が綺麗に並べられ宮司さんが祝詞を 上げられました。そして無事に神事が終了しました。 節目の日である今日に感謝し、明日に感謝してまた頑張ろうと思いました。



第22話令和元年10月29日 

「喀痰吸引等研修」  


株式会社アンビシャス主催の喀痰吸引研修が水明園で行われています。 当会からも職員が参加しています。 喀痰吸引研修は全10日間のカリキュラムが組まれており 水明会の職員は遠くに行く必要性がないので助かります。 本日は7日目の研修日です。研修終了まで残すこと3日 頑張って下さい。

第21話令和元年10月25日

「非常食作りと消防訓練」


午前11時~災害時の非常食作りを実施しました。メニューは「にくじゃがと鯖の煮つけ」です。 非常食や物品が置いてある場所の確認や非常食作りをしました。 鯖の煮つけは味付けがが濃いという感想が多く、肉じゃがは美味しい という感想が多かったです。 午後からはベルの音を合図に消防訓練を実施しました。

第20話令和元年10月25日

「資格取得支援をしています」



水明園では職員育成のため資格取得支援を実施しています。 現在は当園で三幸福祉カレッジ主催の実務者研修を実施しています。 当会職員も2名受講しています。資格取得まであともう少し、頑張って下さい。



第19話令和元年10月14日


水明園の職員の中にはいろいろな技術を持っている職員がいます。 そのうちの一人が吉野さんです。植木の剪定やお正月前の門松作り、 ちょっとした大工仕事までほとんどこなします。どれをとっても見た目も十分な 仕上がりです。今日もまた植木の剪定をされています。気を付けて下さいね。

救急教室
第18話令和元年10月8日


三次消防署員3名のご指導により救急教室を実施しました。 心肺蘇生の実際やAEDの実際等実践を想像しながら学びました。 開始早々消防隊員に救急の出動が入り開始15分でサイレンと共に任務に戻られました。 が、その後は当園の看護職員の指導により心肺蘇生と、AEDを交互に練習する訓練を 行いました。

第17話令和元年10月3日

祝100歳!三次市長さん訪問
100歳のお祝いに三次市長が来園されました。水明園では4名、 みよしのでは2名の入所者の方がお祝いを受けられました。 車椅子の入所者の方に目線を合わせるように膝をついて祝賀状を読まれました。 お祝いを受けられた國貞さんに感想を聞きました。 「小学校の同級生の加藤さんとお祝いを受けられて本当に幸せです。ありがとう ございました。」 100年の歴史を刻んでこられた皆様に感謝と心からお慶びを申し上げます。 本日は大変おめでとうございました。







第16話令和元年9月25日
「スピーチロック」職員研修会

職員研修会を行いました。研修内容は「スピーチロック」についてです。 普段は聞きなれない言葉ですが、簡単にいうと言葉や態度により対象者の 行動に制限をかけることです。 つまり身体拘束にあたる行為とされます。 今回の研修で、仕事上だけではなく、どこでも、だれに対してもコミュニケーション 能力の向上は自身必要不可欠であることを認識しました。

第15話令和元年9月18日
「貯水槽タンク修繕工事」


左にあるのが貯水槽です

水明園養護棟の貯水槽タンクの修繕工事が始まりました。水明園のシンボルタワーのような存在でした。 遠くから見てもすぐにわかる看板も同時に撤去されました。寂しさと共に時代の流れを感じました。


第14話
令和元年9月16日「敬老の日祝賀式典」

敬老の日祝賀式典が開催されました。88歳を迎えられる方7名 おられ三次市長より祝賀状をお受け取りになりました。 また100歳以上の方13名おられ、水明会理事長より 花束の贈呈がありました。皆様おめでとうございました。







令和元年9月16日
第13話「水明会家族会役員会」



今年の家族会は11月17日(日)に決定しました。 テ-マは「私たちの未来を考える」(仮)です。 終了後はお楽しみ、おでんパーティーをしますので 家族会の皆様、是非お越しください。 後日ご案内をお送りさせていただきます。


令和元年9月7日

第12話「十日市中学校茶道部訪問」

毎年夏休みに入ると十日市中学校茶道部の皆さんが訪問に来てくださいます。 5月始め頃、私が廊下を歩いているとお年寄りの方から「茶道部さんはいつ頃来るんかね、 今年も楽しみじゃね」と言われました。話を聞くと「孫が来るようで楽しみ」と言われていました。 来年もお待ちしております。
                            








令和元年8月24日


第11話「職員の制服が新しくなりました」


上記写真はデイサービスの職員さんのユニフォームです。 上下紺色で統一されました。 他にもポロシャツは3色、ズボンは2色から選ぶことが出来ます。 「ユニフォームも新しくなり、心機一転頑張ります。」



令和元年8月19日
第10話
 日彰館高校2年生 明賀さん 「進路を考えるためのボランティア」  今日は進路を考えるために介護現場へボランティアに来ました。 実際ボランティアをしてみて気付いたことがありました。 職員さんの動きを早いという事です。 臨機応変に動いて状況に対応している姿をみて「すごいな」と思いました。 将来、医療、福祉の仕事を目指しているのでその姿を目標に頑張ろうと思いました。 今日のボランティア経験を糧に進路決定に向け頑張ろうと思います。 本日は大変お忙しいなかボランティアに参加させていただいてありがとうございました。
職員の語 ボランティアに来て下さりありがとうございました。 積極的に利用者の方にお話しをされたり、レクリエーションへ参加したり とっても良く動いてくれました。ありがとうございました。 将来の進路に向け考えながら行動ををする姿勢が確かに伺えました。 またいつでもボランティアに来てください。
令和元年8月14日
第9話「麻原地区盆踊り大会」特別養護老人ホームみよしの





8月12日 第14回麻原地区盆踊り大会が開催されました。 みよしのは第1回目から参加させていただいております。 盆踊り以外にも「麻原ひょっとこ踊りを愛する会」・「子供太鼓」・「カラオケ」・「お楽しみ抽選会」等々、 沢山の催し物がありました。入所者の皆様も大変喜んでおられました。 バザーではみよしのは恒例のカキ氷を販売しました。蒸し暑くて大変好評でした。 ステージはみよしの職員による「ゲゲゲの鬼太郎」「パプリカ」のカラオケを惜しみなく? 披露させていただきました。(笑) 江の川漁業協同組合様から、鮎の塩焼きをいただきました。とっても美味しかったです。 麻原常会の皆様、関係者の皆様、大変お疲れさまでした。ありがとうございました。


令和元年8月13日
第8話「地域課題探求活動」 三次高校生徒さん訪問


三次高校の生徒さんが授業の一環として「地域課題探求活動」と題して、 水明園に訪問されました。 探求のテーマは「高齢者が望む施設に入れない」です。 生徒さんの要望により入所者の方に直接質問をされる面談もありました。 施設に入所希望されておられる高齢者の方が、満足のいく施設に入所で きれば良いですね。そのためにも私達職員も日々向上できるよう努力して 行きます。またいつでも来てくださいね。

第7話 「お盆ですね」 熊巳家お墓参り

昔、水明園がある場所は三次地方の大地主であった熊巳家の所有する土地でした。 現在は近くに熊巳様のお墓だけがあり、水明園で管理させていただいております。 今朝職員でお墓にお花とお線香のお供えをしました。手を合わせながら「この土地で 水明園の職員として働き、生活をさせていただいている事に深く感謝いたしました」。





第6話 令和元年8月11日

 「夏祭り」 特別養護老人ホーム水明園


夏祭りを開催しました。アレンジしたアイスクリームを皆さんで食べました。 職員が炭坑節を踊り始めると、利用者さんは歌を口ずさまれ、 楽しい時間を過ごされました。 入所者の方から炭坑節のアンコールがあり、踊っている職員も楽しかったそうです。 



第5話「将来の進路を考えて」



職員の語  庄原実業高校1年生 平山様 守橋様 ボランティアに来て下さりありがとうございました。医療系の進路を見据えてボランティアに来られました。 食堂で配膳を手伝っていただいたり 入所者の方とお話をしていただいたりしました。 特に印象的だったのは必ず笑顔で接する姿勢です。自然と2人とも笑顔でコミュニケーションができることに驚きました。 笑顔がとても素敵でした。機会があればまたボランティアに来てくださいね。

第4話令和元年8月10日


「ボランティアから学ぶこと」



日彰館高校 3年 今川 様   私は将来看護師になりたいと考えています。そのため介護の仕事も体験して進学 に繋げて行きたいと思ったので今回参加しました。 このボランティアで体験した介護経験は利用者さんの食事介助や移動介助 についてです。特に勉強になった事は、車椅子からベットへの移動の注意点などを詳し く教えていただいたことです。 ボランティア体験で学んだことをこれからの進路の糧にしていきたいと思います。

 職員の語  1日ボランティアをしていただきありがとうございました。 とても志が高く、将来に向けて1歩1歩進んでおられる姿が「とても素晴らしいなぁ」 と思いました。今川さんにとって充実したボランティアであった事がとても嬉しかったです。 これからも将来に向けて頑張って下さいね。

第3話

「物故者追悼法要」

  

毎年8月のお盆の時期にあわせて、過去1年間にご逝去された入所者の方の追弔法要を営ませていただいています。
8月9日(金)には、三次市四拾貫町にある西福寺 住職 常光香誓 様にご来園いただき、法要を執り行っていただきました。
当日は入所者31名、ご家族2名ご参加いただきました。
改めてご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、故人の安らかなるご冥福を心からお祈りさせていただきます。

第2話 令和元年8月7日

「職員研修会」  


                                     
職員研修会を開催しました。本日の研修内容は 「感染対策とストーマ取扱いについて」です。 ご講師いただいたのは、水明園嘱託医、近藤先生 からの紹介で、三次市立中央病院、 感染管理認定看護師、三苫真理恵 様、 皮膚・排泄ケア認定看護師、片岡美穂 様にご講師頂きました。 とても丁寧で分かりやすく、手袋の仕方やスト ーマの取扱いについてとても勉強になりました。 最後に近藤先生から介護施設でよくある医療 的トラブルについて質問をされました。とても奥が深 く永遠の課題のように個人的に思えました。 ご講師の先生お忙しい中、本当にありがとうございました。






第1話 令和元年8月2日

「水明園・みよしのへようこそ   八次中学校生徒さん職場体験」


八次中学校2年 土田さんの感想  「あっという間の職場体験!」 今までは高齢者の方と話す機会があまりなく、介護というものが わからなかったけど、今回の職場体験で両方とも体験できとても 楽しく一週間の体験ができて良かったです。

職員の語 お二人とも1週間お疲れ様でした。又、職場体験に水明園を選んでいただきありがとうございました。 とても笑顔が素敵なお二人でした。お年寄りの方々も大変喜んでおられました。機会があればいつ でも水明園やみよしのに遊びに来てくださいね。